青いの

2014/06/01

なんだか暑いですね~。
暑さのせいか・・・ベル姐さんがケージに敷いていたキルトマットを引きずり出して、中綿を引っ張り出す作業を始めました。
中綿を出せば、少し涼しくなると思ったのでしょうか?
ケージ周りを季節はずれの雪景色にした後・・・・・はっ!と我に返ったようです。
ラグの下にキルトマットを押し込んで、証拠隠滅をはかっていました。
ラグが盛り上がってるからバレバレだけどねw

さて、昨日は・・・・・
昼のシクレに今回の祭の目玉(らしい)ディオレックスがきました!
剛種 HR100~「剛霹!雷轟竜」99魂

野良でいく勇気がなかったので、ちょっとよさそうな一時ラスタを借りてきて、大剣かついで樹海頂部へ。
きゃ~~。なんだかよくわからない~。
わかったのは、尻尾をブンっとすると後ろに壁作って、ベリオロスみたいに壁に張り付いてから前方に飛んで来るのと、やたら固い殻みたいのをはがさないと部位破壊できないのと、帯電というか、充電するように光が溜まってから半球形に放電(?)して、はがした所が修復されちゃうらしい。
充電するのがちょっとジンオウガっぽい。
放電範囲にいると即死だけど、あとはなんとか耐えられます。

尻尾はなんとか切れたけど、喰らいまくりで回復薬がどんどん減っていく。
う~~ん。さすがティガの親戚。誰を狙うわけでもなく、やたらと動き回るww
なんか訳がわからないけど・・・・・面白いw

回復系を使い切って、30分近くかかったけど、倒せた~!
おお~~!私にしては上出来じゃんっ!
・・・でも、調子に乗ってもう1度行ったら出来なかった。マグレだったらしいw

悪戦苦闘してるとハイさんがイン。
一緒に数回やってもらいました。うん、これ、おもしろい~。
昼のシクレ


夜は、すでに疲れてフラフラのソコさんと、久しぶりにインの軍師を巻き込んで3人でディオレックスへ。
ソコさんは太刀、軍師はヘビィ。
きゃ~。たのし~~。でも、時間がかかってるw
軍師が調合分の弾も使い切る直前になんとかクリア。
軍師「これ、打撃の方がいいんじゃねぇか?」

というわけで、2回目は軍師がハンマー、ソコさんは双剣、私は麻痺片手。
開始直後、ディオさんは放電(?)するので離れないとなんですが・・・
何故か突っ込んだソコさん。いきなり即死。

・・・・・だいぶ疲れてるんだな。昼間、山登りしたって言ってたしなぁ・・・・
その後も、範囲を読み違えたのか同じ攻撃(・・というか、攻撃ですらないんだけど)喰らってましたw
でも、麻痺とスタンで随分楽だった。尻尾も切れたし。

ああ~。面白かった~。
・・・・で、ギルドの特別報酬?もらったんですが、前の時はゴゴモアで牙獣種の燦角もらったんですよね~。
レア素材もらえるんだと期待したら・・・・・雷轟竜討伐の証40枚でした・・・。

えーっと・・・・
この子はレア素材が無いってことですか????

どうしよう・・・・・これとやるのは楽しいけど、武具を作る気がまったく無かった。
あとで性能見てみよう・・・。

いや~~。昨日も暑かったですね~。
暑いと、猫達が廊下や階段にポタポタと落ちて転がっております。
階段は、風の通り道になっているので、この時期は1番快適な場所なんですが・・

暑くないかね?

いくら風が通るといっても、日向は暑くないかね?
グリさんは白いから熱を吸収しなくて涼しいのかな?

さて昨日は・・・
朝のシクレは演習の燃石炭納品(99魂)
せっせと頑張って、ハイさんの入魂数に追いついた~!

・・・・と、思ったけど、夜見たらぶっちぎりで差をつけられてたw
夜のシクレはディオレックス。
ハイさん、ソコさんと連戦です。
最初、弓でやってたハイさんが途中からガンランスに変えて近接武器3人でゴリ押しw
あははははは!楽し~~!
ハイさんは入魂数5,000行ったそうです。すごいな。
私は3,000ちょい。ソコさんは1,700くらいかな。
ソコさん、2,000いけるね。今回、祭P3倍だからがんばろ~!


で、シクレを始める少し前・・・・
久しぶりに隊長からメールが来ました。

もう箱は無いそうで、ゲームもあまりやってないとか。
モンハンやってた頃が懐かしくなってメールをくれたそうです。

一緒に遊ばなくなっても、こうやって時々連絡もらえるのは嬉しいね。
楽しかったって事だし、なんかニマニマしちゃうなw

隊長も元気そうでなにより!
今月後半から繁忙期だよね?暑くなるけど頑張ってね~。
あと500入魂すれば、5,000だ・・・。

がんばる・・・・・

~~おまけ~~
好物を一心不乱に食べるベル姐さん
姐さん、好物を食す
ええ。カブが大好きなんですw
(農協の大型直売所で新鮮なのを買ってきてあげました)

終わった~

2014/06/04

5,000入魂まであと500。デイリーで99魂だからあと400。

まあ、朝、昼、夜のシクレのうち1つは出来るから大丈夫だと思っていたんですが・・

朝。「剛霹!雷轟竜」 いや・・ちょっと無理。

昼。まだ蒼組か??団クエ 「ちょいと腕試し」いや・・団クエまだいけないし・・。

まずい。いくらなんでも夜も蒼組ってことは無いだろうな~。
下位の古龍クエとかで集めなきゃ~~。

地道に入魂して、あと172というところでソコさんがイン。
そして、夜のシクレも蒼だった。
どんだけ入魂できてないんですか、蒼組w

シクレは「砂中よりの奇襲」ディア変種。
ディアは嫌いだが、これで目標に達するはず!

潜りまくるディアを追いかけてると、後ろから砂のブレスが飛んできた。
小魚(ガレオス)も凄腕クエだと痛いわね~・・・って・・・あれ?でかいし、なんか黒っぽい。

あ。ドスガレオスだ。
あ。デイアとドスガレの連携プレーでソコさんがネコ車で運ばれて行っちゃった・・。

ソコさん「なんて見事な連携だ」
落ち着いた口ぶりで戻ってきたソコさんは、ディアを無視してドスガレへ飛び掛っていきました。
うん。魚にやられるのって、なんかムカつくよね~w

ディアが移動した後も、ドスガレをひたすらボコし・・。
ああ。これ、サブだったのか。

ソコさん「1匹なら雑魚だな」
そ・・そうだねww

ドスガレの分も入魂できるな~と思ったけど、この魚、3魂。
手間を考えると、無視してディアだけ討伐した方がいいかな。

2回目からはディアだけにして、4回やって入魂数が5,000に達しました。
あ~。満足~。
ソコさん「あと1回で2,500になるから、もう1回いこうぜ」
おー!ソコさんも頑張ったね~。

で・・朝見たら、僅差しかなくて紅組にシクレが出てました。
昨日の夜、シクレに行った蒼組と行かなかった紅組の入魂数がそれほど変わらないって・・・。
毎回、蒼組って入魂能力低い気がするけど、組み分けってどうなってるんだろうなぁ??
なにやらじわじわと梅雨入りが近づいてるようですね~。
今日は関東地方も雨だとか。

さて、祭も終わったし、今週は紙集めだ~、とインしたら・・・
また、デイリーが3回になって黄金体験来てました。

・・・が、今回は紙集めにデイリー使おう。
着るつもりはまったくないけど1stで作ったコーラルが強化途中のままだから片付けちゃおう。
じわじわと強化していって・・・いつか精錬してGXの装飾珠にするんだ。(何年後だw)

と、1stの方でインすると、ハイさんが「馬鹿みたいに祭Pもらえるのね。カンストしてた」
あー。3倍だったんだよね。祭Pも、もう少し所持上限を上げてくれてもいいのにね~。
私、今、団長になってるなぁ。更に倍だったっけ?
持ち越し分があるから、私もカンストしそうな気が・・・・。
よし!団長をソコさんにしちゃえっ!
ハイさんと私が5,000入魂で、ソコさん2,500入魂だったから、ソコさんを倍にすればみんな同じくらいもらえるよね~w
(計算式みるとそうではないような気もするが細かいことはキニシナイw)
あ。祭Pもらったら、団長戻しちゃっていいからね~w

ハイさんが地球を防衛しに行く前に少し手伝ってくれるというので、歌姫イベント進めました。
やっと第8章おわって穿龍棍出来た~。
これ・・・だんだん依頼がいい加減になってきてるような・・・
貢献Pをつぎ込んで大量にケーキ買って、歌姫に餌付けも完了。
なんでも、餌付けしておいて歌を歌ってもらうと、極征のレベル上げが楽だとか?
しかし・・・ケーキ96個もあげて、高感度上がったようなのに、1度もお礼を言わない歌姫・・。
ネコ達!育て方間違ってるぞ!

ハイさんとわかれて、デイリーやろうと思ったけど、眠くなったので2ndで入りなおして、団長譲っておしまい。
今日からがんばる・・。
カレンダー♪
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2014年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

Author:雪樹ウサ
モンスターハンターは採取と釣りの合間に狩りをするゲームだと思っている半農半猟人。
現在は休止中で、MoEとFFを時々行ったり来たり生活です。
ゲームも楽しいけど、年齢、性別を越えた友達が増えていくのが嬉しいなぁ。
ゲームの腕前は人並み以下。
いろいろ考えるわりに、結局、面倒になって突っ込んで行き、力ずくでクリアする傾向があります。


©CAPCOM CO.,LTD. 2007, 2012 ALL RIGHTS RESERVED.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: