10月の研修は、使うテキストを奈良県のHPからダウンロードして持参することになってます。
自治体主催の研修は参加費用がテキスト代のみというのが多いのですが、奈良県はテキスト公開して、それも無料なのね~。

「ダウンロードして持参」という条件だからタブレットにダウンロードして見るというのも考えたけど、
表の文字とか細かいからいちいち拡大しなきゃだし、目次にリンク張ってあるわけじゃないから目的のページまで送ったりするのが面倒そうなので印刷しました。
その結果・・・

持参するテキスト

188ページ、厚さ2cm、重さ800gのものが出来ました。
・・・うちのプリンター、両面印刷出来ないからなぁ。
原本になってるであろうテキストの倍の厚さと重さのものが出来たわ。
ほとんどの自治体が高くてもテキストを販売してる理由が分かった気がするw

このまま綴じるのは無理なので分冊してレール式クリアファイルで綴じました。
分冊化

うーむ。
紙代、インク代、クリアファイル代など考えると、テキスト買うのとどっちが安上がりなんだろう?
でも、研修前にテキストは1度全部読んでおきたい性分なので、当日販売されるよりいいか。

わーい。ページ数多くていっぱい読めるなぁ。
活字読むのは楽しいねぇ。
9月ですねぇ。
今月いっぱいの現職場ですが、有給休暇消化もあり、9月19日の勤務で終了です。
22日から24日まで奈良へ行って、鍵を受け取り新居の方の受け入れ準備をして、
27日に車検とバイクの輸送、29日にレンタカーで引越し、
10月4日に夜行バスで戻って、8日に犬達を連れて完全に奈良に移る予定です。

で、友人宅は、現在、朝夕1時間づつヘルパーが入ってるので、そのうちの何回かを行かせてもらって
収入の足りない分は、グループホームか、ディサービスで週3~4日働いて、
奈良県の喀痰吸引の研修やって認定特定行為業務従事者の証書もらったら、重度訪問介護で友人宅に長時間ヘルパーで入れるようにするんだ~。

・・・と、「友人の手助けをして生活費も稼ぐ」という都合のいい野望を持ってる訳ですが・・・

先日、友人から電話が来る。
今、友人が利用してる訪問介護事業所の所長さんが、友人宅にヘルパーで行けるように計らってくれるそうなんですが、10月に奈良県の喀痰吸引の研修があって、まだ空きがあるかもしれないから申し込むなら生年月日と名前教えてとの事。
現在、友人宅に来ているヘルパー1名はすでに申し込んであるそうで、「もし、いっぱいだったらその分の枠で行かせてくれる」のだと・・。

えええええええ???
だって、まだ面接もしてないよ?
それに、先に申し込んだヘルパーさん、そのつもりで準備してるんじゃ?
(テキストをサイトからプリントアウトしておかなければいけない)
申し訳ないから、いっぱいなら来年1月の回でいいんですけど~~。

友人が「私もそういったんだけど、そのヘルパーさんは吸引できるようになっても長時間は無理だから、長時間は入れる雪さんを優先してくれるって。」

えーーっと・・
あれ?じゃ、長時間ヘルパーで入っていいの?

聞いたら、すでにケアマネとも話がついていて、私が奈良へ行ったら、役所にかけあって重度訪問介護の申請して、長時間ヘルパーで入れるようにしてくれるのだそうだ。
喀痰吸引は認定証がきてからでないと出来ないから早くても年明けになっちゃうけど、その前から長時間入れるようにしてくれるらしい。
・・・・なんか面接の前に仕事が決まってしまった。

うーむ。介護の勉強して、現場経験もして、3年越しで進めてきた野望ではあるけど・・
こんなに都合よく進むと思わなかった。
だいたい、「友人宅で仕事したいで~す」なんていう奴を雇う事業所があると思ってなかったし。

おまけに、友人が病院にかけあっていた自動持続吸引器の使用要望がさっき通ったと連絡があったそうだ。
これは吸引流量調節と吸引圧力調節で使用者に合った吸引を自動でやってくれるもので、これが合えば、人の手で吸引する回数が劇的に減るし、つけてる側も窒息の不安が解消されると言う優れもの。
今は自発呼吸ができてるからいいけど、出来なくなって人工呼吸器をつける事になると、吸引中は呼吸器を外すから、その間はまったく呼吸できなくてすごく苦しいのだ。
だから、その回数が減らせると言うのは本人の負担がすごく軽減される。

友人は、多い時だと5~10分毎に吸引が必要なので自動持続吸引器を希望してたんだけど、これは医療機器なので医師の指示がないと使えない。
奈良県では使ってる人がいなかったので医者があまり乗り気でなくどうなるかと思ってたんだけど・・。

希望通りだよ。希望通りなんだけど、なんかうまく行き過ぎじゃない??
こんな都合いい展開があるのか?

うれしいけど・・・うれしいけど・・いいのかな?

気力の問題

2017/08/12

先日は最高気温37度でこの夏一番の暑さだったと思えば、昨日は最高気温25度で涼しすぎる日。
気温差が激しくて体がだるい~。

昨日は車検1ヶ月前点検でホンダのオートテラスへ。
引越しがあるので、向こうへ行ってから車検というのも考えたけど、ローンが来年の2月まで残ってるので、それが終わるまでは登録をそのままにしておく事にしました。

帰りにスーパーへ寄って買い物して、スイカの入ってたダンボール箱3つもらって、帰宅後にちょっと荷物を詰める。
出窓のところに積んでいけば猫の爪とぎを予防できるだろう。うん。

夕方、奈良の友人からメールが来る。
「訪問看護で来た看護師が、吸引がうまくいかなくてダンナさんが苦しそうなのでやってあげてくださいって言うのよ!
私、体調悪くて休むために訪問入れてるのに!看護師が吸引できないってどういう事よ!
じゃ、何のために来てるんですか!って怒鳴っちゃったよ~。」

それはごもっとも。
施設や病院で他の看護師に「うまく出来なかったから代わって~」というのは分かるけど、訪問介護で家族に「代わって」は無いでしょ。
技術が足りない看護師を訪問させて、家族にケアさせて利用料取るなよ~。

その後、ケアマネの話や、ヘルパーの入れる時間数の話や、障碍者福祉のサービスとの併用条件の事などをやりとりしたり、調べたりしてたら21時でもう眠くて、ゲームする気力が無くなりフラフラと布団に倒れました。

最近、すぐ眠くなるのよね~。
布団でラースが先にスヤスヤ寝てるのも原因だよね~。


昨日、奈良の友人からのメールで、
「歯医者さんの指導で、ステーキと刺身食べられたよ!工夫すればいろいろ食べられそう!」と、ALSの旦那がステーキを前に大きな口を開いてる写真が送られてきた。

気管切開をした病院では、いくら「食べる練習してください」と言っても「誤嚥したら危ないし、胃ろうあるんだから口から食べなくてもいいでしょ」と医者がやりたがらず、指示書が出ない為に言語療法士も訓練したいのに出来ないという状態でした。

訪問診療で来てる歯医者さんが理解のある人で、それなら、と指導をしてくれていたのですが、先週はゼリーとか豆腐とかだったのよ。
すごいね~。刺身大好きな人だからこれは嬉しいよなぁ。

聞くと、噛むのと飲み込むのは大丈夫らしい。
ただ、舌の動きが悪いので、食べ物をまとめたり、奥に運んだりするのが難しいそうだ。
噛んでもあまりバラバラにならないものを小さめの一口大にすれば食べられるようね。

食べられるっていうのもうれしい報告だけど、口を大きく開けられるというのもホッとした。
気管切開したから声出せないけど、これだけ口が動くなら口パクで簡単な会話はできるじゃないか。
表情も作れる。コミュニケーションが簡単に取れる。

うわ~。ヤバいわ~。ニヤニヤが止まらないわ~。

よかった~~~。
昨日、ソコさんにはちょっと話したが・・・

今の職場は6か月ごと更新の有期雇用で、今回の契約は9月末までです。
気管切開をした奈良の友人が、先週退院して在宅介護になったので、10月から奈良に引っ越して友人の手助けをしようと思います。

で、犬組(ベル、カル、グリード)は連れて行くので、一緒に住める借家を探し始めようかと。

あ。同居人(配偶者ともいう)が昨夜「7月いっぱいで今の店辞める」と言うので、それも連れていくことにしました。

もともと、友人の手助けになることを考えた結果、介護の資格取ると決めて、現場で経験積んでたので、まあ予定通り。
近くに住んでる方が手伝えること多いからね。

うーむ。
いままで引っ越しって近場が多かったし、荷物も少なかったからレンタカー借りて自力でやってたんだけど、今回は川崎から奈良で長距離だし、スクーターもあるから業者頼まないとだろうなぁ。

下調べと計画立案しなきゃ。
カレンダー♪
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

雪樹ウサ

Author:雪樹ウサ
モンスターハンターは採取と釣りの合間に狩りをするゲームだと思っている半農半猟人。
現在は休止中で、MoEとFFを時々行ったり来たり生活です。
ゲームも楽しいけど、年齢、性別を越えた友達が増えていくのが嬉しいなぁ。
ゲームの腕前は人並み以下。
いろいろ考えるわりに、結局、面倒になって突っ込んで行き、力ずくでクリアする傾向があります。


©CAPCOM CO.,LTD. 2007, 2012 ALL RIGHTS RESERVED.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: