いか~~~

2017/03/23

ソコさんとリットさんと長男に手伝ってもらってサスタシャ浸食洞 (Hard) へ。

エビ?サソリ?ヴァシム?のテールスクリューで死ぬ。

元船長は・・・なんか雑魚がいっぱいだった。

道中も雑魚がいっぱいいた。ソコさん、大忙しだったようである。

そして烏賊。
元船長が「こうなったら」とクラーケンを呼び出し、烏賊の足で飛ばされて退場するムービーを見る。
・・・・・なんだろう。いるのか?このムービー。

ムービーは漫才だったがクラーケンは真面目だった。
足がいっぱいだよ~。時々つかんでくるよ~。
もうよくわからないよ~。あ。死んだわ。すいませんね、リットさん。何度も蘇生させていただいて。

みんなが烏賊退治してくれてクリアできました~。
ありがと~。

連休は

2017/03/21

連休終わった~。風邪ひいて墓参りすらいってない。

それでも薬飲んで少し良くなったので昨日は長男とソコさんに手伝ってもらってダンジョン2つほど行きました。
わはははは。死にまくったわ。

コントローラーでやるのと違って、キーボードだと手元を見ないとキーが打てないから、画面から目を離すことが多い。
その間にボスの状態を伝えるメッセージがでても気が付かなかったりしてまして。
防御体制の中ボスに攻撃したら跳ね返って死んでたわ。

うーむ。
どうしたものか・・・操作に慣れない。
前日に引き続き討伐手帳を埋めるためにダンジョンへ。
今回は流砂迷宮 カッターズクライでございます。
横穴に入って吹き上げる砂をよけながらLV38の雑魚を倒して流砂に飛び込んで移動します。
あ。自爆に巻き込まれて死んだわ~ww

一度倒した敵は出ないので何度か入り口に戻されてもじわじわ進めるわ~。
・・・・と思ったら、ミュルミドン・プリンセスというでっかいアリが増援のアリを呼んでアリまみれになり、砂糖の気分でやられる。
2回目は増援倒したと思ったらさらにアリを呼んで、もう少しと言うところでやられる。

見かねたリットさんがフレさんと一緒に手伝ってくれました。
でっかいアリの先はイモムシがいた。
あー。アリの巣じゃなかったのか~~。

さらにボスはキマイラだった。
・・・・アリとイモムシは地下生活でも納得できるが、キマイラはどうなんだろ?
あー。でも、竜の頭がついてるからダンジョン生活でもいいのか。
ヤギの方が主導権持ってたら崖の上とか山肌にいたんだろうか。
あ・・。脚がヤギじゃないからダメか。

いっぱい探索させてもらったので時間がかかりました。
リットさん、ありがとう~。
討伐手帳に乗ってたアリとサボテン、終了しました。
グランドカンパニーの討伐手帳Rank1 が埋まらず、ランクが上がらない。
ダンジョンにしか出ない相手なので討伐するにはダンジョンへ行かなければならない。
序盤のダンジョンは行ってるのになぁ。なんで討伐数0なんだろう?

というわけで、長男に人数制限解除のやり方を教えてもらってハラタリ修練所へ。
長男「おい。ここ初めてになっとるぞ。行ってないのかww」
おや。本当だ。あれ~?

出てくる相手はレベル20なのでサクサク進めます。
わーい。ダンジョン探索し放題だ。

途中、ライさんに「ユキさんが野良でダンジョン行ってる~。だから関東は雪が降るのかww」と言われましたが、募集しないならダンジョン行けるのだw関東の雪は私のせいじゃない(はず)

風邪気味なので、Rank1埋めてグランドカンパニーの階級を上げたところで早めに寝ました。

うん。探索できるダンジョンは楽しいかも。

青い鳥

2017/03/13

わーい。
新しい釣り場を開拓しようと彷徨ってたらリットさんに青い鳥もらいました。
釣りしてる間、パタパタ飛んでて可愛いです。

ありがと~~。
カレンダー♪
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

Author:雪樹ウサ
モンスターハンターは採取と釣りの合間に狩りをするゲームだと思っている半農半猟人。
現在は休止中で、MoEとFFを時々行ったり来たり生活です。
ゲームも楽しいけど、年齢、性別を越えた友達が増えていくのが嬉しいなぁ。
ゲームの腕前は人並み以下。
いろいろ考えるわりに、結局、面倒になって突っ込んで行き、力ずくでクリアする傾向があります。


©CAPCOM CO.,LTD. 2007, 2012 ALL RIGHTS RESERVED.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: